リネンの経糸模様織り 図案帖発売のお知らせです。


クリスマスを告げる天使
きらきら星
もみの木
冬の草花
家の明かり
教会の明かり

アドヴェントの季節に、
優しい色合いの
リネンの経糸模様織りができました。
繊細なリネンの色糸には、
織る際の強度を持たせるために
しょうふ糊を施しました。

そのまま栞に使うと、
糊が効いて程良い質感です。
織り上がった後に水通しをすると、
柔らかさが出て
小物や服の装飾に向いています。

リネンの素朴な表情は、
寒い季節に優しい光を放ってくれることと思います。
お楽しみいただけたら嬉しいです。

経糸模様織り図案帖糸セット 2019.vinter
【内容】
図案:全6枚
リネン色糸:40m綛×4色
(紫鳶色/茜色/菜種色/鳩羽鼠色)
経糸本数:33本
価格:4,000円+tax

別途リネン25/2白糸が必要です。

教室、アトリエショップにて、お求めいただけます。


通信販売のご予約も承ります。
orderページ、メール、電話(03ー6873ー1501)まで、
お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願い致します。



カテゴリー: キット, リボン織り, 作品, 手織り, 手芸店, 未分類 | リネンの経糸模様織り 図案帖発売のお知らせです。 はコメントを受け付けていません。

寒い季節の入り口に。

12月の展示に向けて、
細い細いシルクのリボンを織っています。
シルクのミシン糸を使ったリボンは、
私が初めに「リボン織り」と名付けるきっかけにもなった
nysta o gnolaの原点に帰るようなリボンです。
どんな形でお目見えするでしょうか…

寒い季節の入り口に。
小さな手仕事に出会いに、
足をお運びいただけましたら嬉しいです。


手仕事の贈り物
 nysta o gnola 糸花生活研究所のリボン織り

2019年12月3日(火)− 12月21日(土)
open&close 12:00-18:00
日・月定休 最終日17:00まで

場所:手芸古書と雑貨の店 folklora(フォルクローラ)
〒182ー0035 東京都府中市上石原一丁目27ー34ー1
京王線西調布駅北口より徒歩2分
Tel.042-445-4184

——————————————————————————-
寒い季節の入り口に。
アトリエには、
こんな嬉しい飾りをいただきました。

お客様よりいただいた
手作りのテラコッタオーナメントは、
蕾をつけ始めたミモザの木に飾ると、
淡い緑の葉、グレーの枝と響き合い、
クリスマスのワクワクする気持ちを
迎え入れてくれています。

T様、いつも素敵な手仕事のある暮らしを教えてくださって、
本当にありがとうございます。


——————————————————————-

我が家の毎年恒例…
ジンジャーマンの第一弾も焼き上がり、
寒い季節を迎える気持ちは
日に日に膨らんでゆきます。


——————————————————————-


冬の入り口の手仕事に。
こちらは、アトリエから、
手仕事をする方々の住む場所へ。

今週お届け予定の道具や、テキスト等、
本日出荷いたします。
お待ちくださっている皆様、
もう少しで、お手元に届きます。
冬の手仕事の時間に、
お役立ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー: リボン織り, 作品, 展示会, 手織り, 手芸店, 日々, 木の仕事, 未分類 | 寒い季節の入り口に。 はコメントを受け付けていません。

白樺に囲まれたアトリエから、手紡ぎのアトリエへ。

ayaco yoshiokaさんの展示販売
先週末をもって終了いたしました。
たくさんの方々にお越しいただき、
本当にありがとうございました。

オーダーいただいた作品達は、
ayacoさんが冬の間にひとつひとつ
丁寧に編んでくださり、
2~3月のお届けとなります。
どうぞお楽しみに、お待ちくださいませ。

お客様よりいただいた
屋久島すみれの可愛らしい苗に
そっと見守られながら、

白樺に囲まれたアトリエから、
週初めの手紡ぎのアトリエへと、
準備を進めています。

————————————————————————————-

HOUSEHOLD HANDWORKS
第8回目の講座
明日は、
織り上がった方、これから織りに進まれる方、
それぞれのペースで、進めてゆくことになります。
講座の初めには、織り上がった布の縮絨方法を
実演を交えてお伝えいたします。

柔らかな柔らかなヤクとキャメルの布。
温かなお湯の中で触れながら、
糸から布へ、表情の移り変わりを感じていただけますよう…

カテゴリー: ワークショップ, 展示会, 手織り, 教室, 日々, 糸紡ぎ | 白樺に囲まれたアトリエから、手紡ぎのアトリエへ。 はコメントを受け付けていません。

寒い季節の読書の時間に。

リネンの縦糸模様織り
優しい色合いの栞が、出来てきました。

少ない本数では、
なかなか細かな表現の難しい縦糸模様織り。

冬らしい図案をと、あれこれ考えていると、
娘が、小さな図案を描いて、届けてくれました。
羽を広げた天使の図案は、
幸せを運んでくれそうで、可愛らしく。
彼女のイメージに近いものを
9本の模様糸で再現できるよう、
図案を作ってみました。

娘の届けてくれた図案のもう1つ、ツリーの絵柄も、
今回の図案帖のどこかに潜んでいます。

今週末の教室より 織っていただけるように、
図案と糸の準備を整えています。

通信販売の受付は、来週を予定しております。
準備が整いましたら、diaryにてご案内いたします。

寒い季節の読書の時間に…
リボン織りがお供できると、嬉しいです。



カテゴリー: キット, リボン織り, 作品, 手織り, 手芸店, 教室, 日々 | 寒い季節の読書の時間に。 はコメントを受け付けていません。

手仕事の風景と、白樺のかご。

立冬を過ぎ、澄んだ空の美しい日々です。

リボン織り教室、
ayaco yoshiokaさんの展示販売会、
アトリエショップ、
今週もお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

週末のアトリエには、
嬉しい手仕事と、嬉しい笑い声が広がっています。

週の前半のアトリエは、
週末の笑い声の余韻に浸りながら
展示品を汚れないように整えて片付け、
暮らしの中での手仕事の時間に戻ります。

仕舞う時に、ayacoさんの作品を手にとり、
糸や道具との相性の良さを、あらためて感じます。
diaryをご覧くださる皆さまにもご紹介したく、
写真に収めました。
バスケットと糸の表情は
いつも優しく響き合い、
本来はお出かけ用のクラッチバッグも、
白樺の素朴な表情は 木の道具ととても似合い、
リボン織りの道具もぴったり収まるサイズなのです。
私がクラッチバッグを持つならば、
リボン織りのショルダーをつけて、
手仕事の道具を入れて…
なんて想像します。
寒い国からやってきた大きなかごは、
編んだり織ったりした毛糸の表情を
喜んで受け入れてくれるのです。
また次の週末を楽しみに、
バスケットを仕舞って、布を掛けました。

—————————————————————-

ayaco yoshiokaさんの展示販売会は、
残すところ二日間となりました。

11月15日、11月16日
13:00~14:00/14:30~15:30/16:00~17:00
事前ご予約制とさせていただいています。

まだ、空いているお時間帯もございます。
この機会に是非、
お手にとってご覧いただけましたら嬉しいです。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

———————————————-

会場:nysta o gnola糸花生活研究所入り口  アトリエショップfågelbo
〒145-0063 東京都大田区南千束2-16-5
最寄駅:東急線大岡山駅/北千束駅/洗足池駅

ご予約・お問い合わせ
contactページ
電話 03-6873-1501
糸花生活研究所(藤原)

カテゴリー: ノールビンドニング, ホワイトワーク, リボン織り, 展示会, 手織り, 手芸店, 教室, 日々, 木の仕事, 未分類, 棒針編み, 洋裁, 糸紡ぎ | 手仕事の風景と、白樺のかご。 はコメントを受け付けていません。

urusumiさんのお菓子。

urusumiさんより、嬉しいお菓子便が届きました。

箱に美しく詰められた佇まい、
ひとつひとつ、噛むほどに美味しいお菓子達。
素材に丁寧に向き合って作られている様子が
隅々まで感じられる、本当に幸せなお菓子達です。

夏から暫くの間、
パン屋さんと、小さなお子さんの子育てのお忙しい中、
試行錯誤されながら、
毎回心の込もったお菓子便を届けてくださいました。

来年から、パンと向き合う時間を大切にされるため、
お菓子便は、今回を持って一度終了することとなりました。

東京の教室まで、真っ直ぐに届けてくださったお仕事に、
感謝の気持ちでいっぱいです。

愛媛県のurusumiさんに、いつか、
焼き立てのパンを買いに伺う日を夢見て…

今月お越しくださる皆様、
幸せなお菓子達を
楽しみにしていただけたら嬉しいです。




カテゴリー: 手織り, 手芸店, 教室, 日々, 未分類 | urusumiさんのお菓子。 はコメントを受け付けていません。

nysta o gnolaのリボン織り教室 土曜日クラス満席のお知らせと、今後の受付につきまして。 

nysta o gnolaのリボン織り教室

アトリエも、道具も、織り上がるものも、
全てが小さくささやかな教室ですが、
手仕事が好きな皆様が集まって
笑顔の時間を過ごしています。

———————————————————————– 

11月5日現在、土曜日クラスが満席となりました。

只今、長期お休みの生徒様方がいらっしゃるため
第四土曜日クラスをクローズしております。
今後、3名様以上揃われたら再開を予定しております。
お仕事などで平日ご参加の難しい方、
ご希望ございましたら、
再開時に優先してご案内させていただきます。

金曜クラスは、
第二金曜/第三金曜に一席ずつお席がございます。
第四金曜は満席となっております。

お問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

———————————————————————– 

お申し込み・お問い合わせ
contactページ
電話 03-6873-1501
糸花生活研究所(藤原)



カテゴリー: リボン織り, 手織り, 教室, 未分類 | nysta o gnolaのリボン織り教室 土曜日クラス満席のお知らせと、今後の受付につきまして。  はコメントを受け付けていません。

秋晴れの日に。

私の母方の親戚の間では、
一世代前の子供服が
家々を行ったり来たりを繰り返していて、
私が着ていたものや、
妹が着ていたものや、
従姉妹が着ていたものが、
巡り巡って、
また手元にやってきています。

娘は、袖を通す度に、
これ、誰が着てたの?
そのとき、どのくらいちっちゃかった?
そのとき、どこに着て行った?
そのとき、何して遊んでた?
と、嬉しそうに聞きます。

写真の真っ赤なカーディガンは、
先日神戸から届いた荷物に入っていたもの。

娘が小さかった頃に仕立てた
リボン織りの赤いリュックサックと、
手紡ぎのヤクで織った茶色いマフラーと、
とてもよく似合って、嬉しくなりました。

私が日々子供に作っている服や小物も、
また次の世代にも使ってもらえるものが
1つでもあったら嬉しいなぁと思いながら、
懐かしい服を着る娘の姿を眺めています。

———————————————-


今回の荷物の中には、
お古の服と一緒に、
洋裁の先生をしていた叔母の
手書きのノートやサンプラーの数々が
どっさりと入っていました。
今は亡き叔母の重ねてきた丁寧な仕事に驚きながら、
少しでも近づけるといいな、と思うばかりです。
今生きていてくれたなら、
聞きたいこと、話したいことがたくさんです。
今日は、穏やかな秋晴れです。
冷たくなった空気の心地良さを感じながら、
娘のコートの型紙を、引き始めました。


カテゴリー: リボン織り, 刺繍, 手織り, 日々, 未分類, 洋裁, 糸紡ぎ | 秋晴れの日に。 はコメントを受け付けていません。

ayaco yoshiokaさんの白樺かごの展示・販売 素敵な作品達が、加わりました。

※暫くの間、この投稿が先頭に表示されます。新しい投稿は、この下に続きます。

届いた箱を開けて、思わず歓声が上がってしまいました。


11/16まで開催しております
ayaco yoshiokaさんの白樺かごの展示・販売
追加の作品達を、お届けいただきました。

完売していた作品、
新しい作品もございます。

・・・・・・
お花の針休め
白樺のアミュレット (針入れ)
和鋏用のハサミケース
刺繍ハサミケース
糸巻き

お星さまのブローチ
・・・・・・

——————————————————————–


下の写真は、お届け前に、
ayacoさんが撮ってくださったものです。
ワークショップの後、北海道に戻られてから、
丁寧に丁寧に、手を動かしてくださいました。
手仕事のための、お守りのような作品達です。




作品のご紹介
——————————————————————–
お花の針休め

中に磁石が入っていて、
作業途中の針をちょこんと休ませることができます。
掌にすっと収まる大きさが嬉しくて、
何度も手にとっては、
植物に触れるときのような優しい気持ちになっています。
お裁縫箱を開く楽しみが増える、愛らしい作品です。

——————————————————————–

白樺のアミュレット (針入れ)

ayacoさんの以前のblogの記事より
【アイヌ民具である“チシポ”と言われる針入れから
インスピレーションを得て、
白樺の樹皮で針入れを作りました。
白樺の木も同じように身を守ると言われているのです。
刺繍をしたり衣服を作る針はとても貴重で、
アイヌの女性たちは針入れ(チシポ)を
ペンダントのように肌身離さず
大切に身につけていたのだそうです。
物を大切にする心、しあわせを願うものづくり。
新月に出逢ったアイヌ民具から大切なことを
あらためて教えていただいたのでした。】

タッセルを引き出すと、縫針を収納できるように、
リネンの布と羊毛で仕立てられた
針のための居心地の良いお布団があるのです。
肌身離さず、お守りのように身に付けたい作品です。

——————————————————————–

完売しておりました糸巻きも、
お尋ねいただいていた和鋏用のハサミケースも、
お星さまのブローチの大きなサイズも、
手芸本に挟みたくなるような白樺の栞も…
届いております。

ayaco yoshiokaさんの白樺かごの展示・販売
オープンデイは、残すところ4日となりました。
11/8,11/9,11/15,11/16

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

※事前予約制となりますので、ご来店の際には
ご連絡をいただけますよう、お願いいたします。


カテゴリー: 作品, 展示会, 手芸店, 未分類, 洋裁 | ayaco yoshiokaさんの白樺かごの展示・販売 素敵な作品達が、加わりました。 はコメントを受け付けていません。

冬の展示とワークショップのご案内です。

※ワークショップは満席となり、キャンセル待ちの受付となります(11/2現在)。たくさんのお申し込み、ありがとうございます。

クリスマスの足音の聞こえる頃、
nysta o gnola糸花生活研究所のリボン織り
冬の展示とワークショップを開催致します。
会場は、手芸古書がずらりと並ぶ、
古書玉椿さんの実店舗 folklora

手仕事の贈り物
 nysta o gnola 糸花生活研究所のリボン織り
2019年12月3日(火)− 12月21日(土)
open&close 12:00-18:00
日・月定休 最終日17:00まで

場所:手芸古書と雑貨の店 folklora(フォルクローラ)
〒182ー0035 東京都府中市上石原一丁目27ー34ー1
京王線西調布駅北口より徒歩2分
Tel.042-445-4184

リボン織り作品の展示
リボン織り・刺繍・ノールビンドニング等 、
手仕事の教本キットの展示販売
リボン織りの小物・アクセサリーの展示販売
手仕事の木製ボタンや材料・木製手芸道具の展示販売

手芸本に囲まれた夢のような空間に
小さな夢をたくさんお届けできるよう
手仕事を重ねてゆきます。

冬の贈り物のご準備に
是非足をお運びいただけましたら幸いです。

————————————————————————————

ワークショップのご案内
「リボン織りと冬のともしび」ワークショップ

オリジナルのリボン織り機で、
植物のあたたかな絵柄を織り出します。
織り上がった小さなリボンをキャンドル立てに結び、
やさしい冬の明かりを作ります。
日程:12月7日(土)
時間:13:00 – 16:00
定員:6名満席となりました
講習費3,000円
材料費3,000円
(織り糸/織図案&テキスト/蜜蝋キャンドル×1/
オリジナルキャンドル立て×1/織り機貸出料込み)
お申し込みは、
E-mail: folklorashop@gmail.com
Tel:042-445-4184(フォルクローラ)
まで、お願いいたします。

内容について、その他ご質問などございましたら、
contactページ
または、Tel: 03-6873-1501
糸花生活研究所(藤原)まで、お気軽にどうぞ。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。




カテゴリー: リボン織り, ワークショップ, 作品, 展示会, 手織り, 手芸店, 未分類 | 冬の展示とワークショップのご案内です。 はコメントを受け付けていません。