本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、自然界の大きな揺らぎを感じる災害に、
心を痛めることが多く起こりました。

人々の、日々を懸命に生きるリズムは、
気付かぬうちに止まれないほどにスピードを増して、
自然界のリズムとのバランスを失ってしまっているようです。
立ち止まることは、本当に難しいことだけれど、
小さな単位でも、できることを、
自分の日々も振り返りながら、考えさせられています。

・・・

私達の日々は、
本当に小さくささやかな動きではありますが、
そんな小さな日々の中にも、
大きな加速する社会と繋がることが
潜んでいるように感じます。

昨年のnysta o gnola 糸花生活研究所は、
多くの出会いに恵まれた有難い一年でした。
その反面、体調を崩すことも多く、
仕事と暮らしのバランスや、自分を省みる時間の大切さを
痛感した年でもありました。

日々精一杯に生きることと、自然のリズムを感じとること。
その2つが、離れてしまわないように…

nysta o gnola 糸花生活研究所は、
今年で10年目を迎えます。

活動を始めたときの気持ちを大切に、
心を静かに整えて、
自然のリズムと共にある 心を込めた手仕事を
目指してゆきたいと、改めて思っています。


2020.1.2.
糸花生活研究所
nysta o gnola
fågelbo



・・・・・・・・




今年の年賀状は、小さな画伯の力を借りて。

物語を読んでもらうのが大好きな娘は、
彼女の空想の世界の、
ネズミのお姫様を描いてくれました。


ドレスの細かな表現にも、彼女の夢がたくさん詰まっていて、
いいなぁ、素敵だなぁ、と、眺めています。
(親バカですね…)

今年は、私も、絵に向かう空想の時間をより大切に、
手仕事の夢を広げて行きたいと、
小さな画伯の絵を見ながら、思っているお正月です。






カテゴリー: 日々, 未分類, | 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。 はコメントを受け付けていません。

本年もありがとうございました。

本年も、たくさんの方と手仕事の時間を共有出来て、
嬉しくありがたい一年となりました。

関わってくださった皆様、
そして、diaryを読んでくださった皆様、
ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

また新しい年も、手仕事の楽しさをお届けできますように、
日々手を動かしながら、丁寧に過ごして行きたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


2019.12.31.
糸花生活研究所
nysta o gnola
fågelbo
1月の教室は、2週目クラス/10日より始まります。

そして、2020年初めのイベントは、1月30日~横浜にて。
ワークショップも予定しています。
詳細は、年始にdiaryにて、お知らせいたします。

皆様、良いお年をお迎えください。


カテゴリー: 日々, 未分類 | 本年もありがとうございました。 はコメントを受け付けていません。

小さなサンタクロース。

クリスマスの日。
真っ赤なコートが、縫い上がりました。


厚みのあるセーターを着ても袖を通しやすいように、
ゆったりとしたラグランスリーブで、
広がりを持たせたデザインにしてみました。

最近の子供達は、フリースやダウンで
すっきりとあたたかな服装の子が多い中、
綿とウールを重ね着させている娘は、
いつももっこもこなのですが、、、
幼稚園のお迎えに行くと、
着膨れした娘が嬉しそうに出てくる姿が
なんだかとても好きで。
今回のコートも、着膨れに一役買ってくれそうです…


娘の選んだ、目の覚めるような赤いウール地で仕立てたコート。
まるで、小さなサンタクロースのようです。

いつまで着てくれるかな、と思いながら、
今回も、裾と袖に、成長に合わせて丈出しをできるゆとり分を
たくさんとってしまいました。。。


・・・・・・

Merry Christmas !



カテゴリー: 作品, 日々, 未分類, 洋裁 | 小さなサンタクロース。 はコメントを受け付けていません。

「手仕事の贈り物」ありがとうございました。

手仕事の贈り物
 nysta o gnola 糸花生活研究所のリボン織り

たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

今回は、初めての試みとして、小さな絵をたくさん描きました。
殆どが大切に選んでくださったお客様のもとへと旅立ってゆき、
ずっと温めていたことの、嬉しい第一歩となりました。
ワークショップでは、開催中止となってしまい、
皆様に大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。
3月の振替に向けて、もう一度、丁寧に準備を重ねます。
どうぞよろしくお願いいたします。
在店時には、
お客様とお話しさせていただいたり、
私も手芸本達をゆっくりと眺めさせていただいたり、
贅沢な時間を過ごさせていただきました。

今年最後の展示会、とても嬉しい時間となりました。
ありがとうございました。

—————————————————————————————

来年は、1月末~2月初めにかけて、イベント出店があります。
その際にも、ワークショップなど企画しております。
体調を整えつつ…準備を進めていきます。
また詳細はdiaryにて、ご案内させていただきます。

—————————————————————————————

nysta o gnola 糸花生活研究所
年内は、27日/28日のリボン織り1日体験の日を持って、
お休みに入らせていただきます。

お問い合わせのメールやお電話も、
年内は28日までの受付とさせていただきます。
それ以降にいただきましたメールのお返事は、
1月6日以降とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

—————————————————————————————

今年最後のジンジャーマンクッキーは、
娘の創作意欲のおかげで、賑やかな仕上がりになりました。

今日は冬至です。
皆様にとって、心あたたかな1日となりますように…


カテゴリー: リボン織り, ワークショップ, 作品, 展示会, 手芸店, 日々, 未分類, | 「手仕事の贈り物」ありがとうございました。 はコメントを受け付けていません。

HOUSEHOLD HANDWORKS 第一期 最終回を終えて。

今週初めは、
HOUSEHOLD HANDWORKS 第一期 最終回でした。

この日は、織り機に向かって織る方、
紡ぎ車に向かって紡ぐ方、
編み針を持ってテーブルを囲む方々、
それぞれに、9回の講座の締めくくりの時間を過ごしました。

紡ぎ溜めた糸が少しずつでも手元にあるというのは
なんという嬉しさだろうと、
編み針や織り機と一緒に、手紡ぎ糸を
自然に手にとられている皆さまの姿を眺めていました。

リボン織り機のチャルカで紡ぐ糸紡ぎは
手元でできる小さな手仕事なので、
これからも、構えずに、
暮らしの中で紡ぐことを続けていただけたら、
とても嬉しく思います。

一度にたくさんはできなくても、
ちょこっと紡いで、ちょこっと織って、
ちょこっと紡いで、ちょこっと編んで、
そんな楽しみを、日々の中で無理なく自然に続けられたら、
手仕事は、暮らしから遠のかないでいてくれるように思います。

私も、少しずつ用意していたz縒りの糸で、
akoさんから教えていただいた
tvåändsstickningの続きを編み上げました。
娘と一緒に紡いだ糸は、
紫色とブルーグレーと薄桃色を混色した原毛、
シェットランドのチャコールグレー、
シェットランドのホワイト、
を合わせて。

ここ最近、色鉛筆の混色にも拘っている
淡いトーンの好きな彼女は、
原毛の色の出方にも、
色鉛筆とはまた違う美しさを
感じ取ってくれたようです。

———————————————————————————————


HOUSEHOLD HANDWORKS
第二期の募集は、年明けに始める予定です。
詳細は、またdiaryにてお知らせいたします。

また来年も、
手紡ぎの時間の幸せを、
皆様とご一緒できると嬉しいです。



カテゴリー: ワークショップ, 作品, 手織り, 教室, 教室作品, 日々, 糸紡ぎ | HOUSEHOLD HANDWORKS 第一期 最終回を終えて。 はコメントを受け付けていません。

紅葉のアドヴェント。

冬の訪れが、
年々ゆっくりになっているように感じます。

紅葉の美しい、アドヴェントシーズンです。

先日、娘と一緒に絵を描く時間を過ごしました。

クリスマスツリーを描こう!
と言って、それぞれに描いた絵。
イーゼルに向かって集中して描いていた娘のツリーは、
色とりどりの、紅葉の美しいクリスマスツリーでした。


子供の目は、本当に素直だな…と感じながら、
子供の未来に、寒い冬がなくならないことを、祈りながら、
クリスマス前の時間を、過ごしています。


12月21日まで、引き続き、
folkloraさんでの展示を開催しています。
21日は、少し店頭に立たせていただこうと思っております。

皆さま、素敵な12月をお過ごしください。

カテゴリー: 展示会, 日々, 未分類, | 紅葉のアドヴェント。 はコメントを受け付けていません。

小さなフレームで、余り糸の織り物を。

小さな織り道具の製作依頼をいただきました。

ご依頼くださったのは、
手紡ぎ手織り、ラフィア編みなどの講座を主催されている
手仕事の大先輩、workshop GRASSHEARTの矢田十四子さんです。

打ち合わせにお越しいただいて
教えていただいた織物は、
20cm程の小さなフレームを使った
とてもシンプルな平織でした。

手を動かしながら、おしゃべりをしながら、
見る見るうちに、
小さな布が織り上がってゆきます。
今は販売されいていないという
アメリカ製のプラスチックフレーム。

きっと発売当初には、
女性たちが集まってテーブルを囲んで、
お茶をしながら織っていたのでしょう。
楽しい手仕事の時間が思い浮かびます。

——————————————————————————–

私達の作るものは木の道具になりますが、
道具を作る前に、
まずは、使い心地やできることの可能性、
もっとこうだったらいいな…
というアイディアを出しながら、
細かなデザインを詰めてゆきます。

第一歩として、
我が家の毛糸の箱に残っていた半端な糸たちを使って、
あれこれと模様を織り出して楽しんでみました。
手紡ぎ糸の余り糸だったり、
学生の頃に使った糸の余りだったり、
中には、10代の頃に編み物の練習をした残り糸も…
縮絨率も、太さも、色も、様々な糸で、
冬用のクッションカバーができました。

織りの組織の勉強にもなる小さな織物は、
子供も一緒に楽しめて、
あたたかな、とても家庭的な手仕事です。

これから道具を試作しながら、
またdiaryでも綴ってゆこうと思います。

木製道具の仕上がりは少し先になりますが、
workshop GRASSHEARTさんでは、冬の終わり頃に、
フレーム織りの基礎講習を企画されているとのことです。
小さな道具から、手仕事の輪が広がること、
その時間に関われることを、
私達もとてもワクワクしています。




カテゴリー: 手織り, 日々, 木の仕事, 未分類, 糸紡ぎ | 小さなフレームで、余り糸の織り物を。 はコメントを受け付けていません。

手仕事の贈り物。

手仕事の贈り物
 nysta o gnola 糸花生活研究所のリボン織り

たくさんの方にお越しいただき、
お選びいただき、ありがとうございます。
展示期間は、21日(土)17:00までとなります。

先日、追加のお品物を少しお届けいたしました。
引き続き、ご覧いただけますと幸いです。

———————————————————————————————–

写真は、ご来店くださった大切なお客様よりいただいた
福島のまたたびの籠。

北海道のayacoさんの白樺糸巻きと、福島のまたたびの籠。
アトリエに帰って並べると、
糸のための優しい場所が用意されたようでした。

ここ3日程お休みをしていた手仕事ですが、
ほっと一息をついて、
ちくちくと、また少しずつ、手を動かしていきます。

まずは、娘から入っていた注文の仕上げを。

今冬のルームシューズは、
バレエシューズにして欲しいとの注文でした。

一番初めに作ったルームシューズと比べると、
四代目のルームシューズはとても大きく感じられ、
子供の成長の速さに、また驚かされています。

寒暖の差の大きな日々です。
皆様も、どうぞご自愛ください。


カテゴリー: リボン織り, 作品, 展示会, 手織り, 日々, 未分類 | 手仕事の贈り物。 はコメントを受け付けていません。

リボン織りワークショップ 開催中止のお詫び。

12月7日(土)に開催予定でした
「リボン織りと冬のともしび」ワークショップ

私の体調不良のため、
当日開催を中止させていただくことになってしまいました。

お申し込みくださった皆様には、
大変ご迷惑をお掛け致しました。
心よりお詫び申し上げます。

振替の開催等につきましては、
また改めましてお知らせをさせていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・

nysta o gnola
…鼻歌まじりの糸仕事…
名前に込めた想いを忘れぬように、
時々肩の力を抜いて、
体を壊さないようにと
反省しております。

この度は、大変申し訳ございませんでした。
これに懲りず、どうか今後とも
お付き合いいただけますと幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・

7日土曜日に追加納品予定でした
キットやテキストは、
明日、10日火曜日にお持ちする予定です。
12時〜15時頃まで在店予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。


カテゴリー: キット, ノールビンドニング, リボン織り, ワークショップ, 展示会, 手織り, 手芸店, 木の仕事, 未分類, 棒針編み, 洋裁, | リボン織りワークショップ 開催中止のお詫び。 はコメントを受け付けていません。

寒さが増す日々に、手仕事の楽しみを…。

手仕事の贈り物
 nysta o gnola 糸花生活研究所のリボン織り

はじまって三日目を終えました。

たくさんのお客様にご覧いただき、ありがとうございます。

アトリエでは、
土曜日に控えたワークショップの準備を進めています。

完売とのご連絡をいただきましたキットやテキストも、
追加でご準備しています。


明日から、また冷え込みが増しそうです。
お越しくださる皆様、
どうぞ暖かくしてお出掛けください。

手仕事の楽しみが、
家で過ごす時間を
あたたかさで満たしてくれますように…。


・・・・・・・・・・・


今回、リボン織り機の会場での受注はお受けしておりませんが、
サンプルの展示と、パンフレットを置かせていただいています。

受注製作となりますが、
orderページまたはパンフレットにあるメールアドレスにて、
ご注文を承ります。
織り機についてのお問い合わせも、お気軽にご連絡ください。






カテゴリー: キット, ノールビンドニング, リボン織り, ワークショップ, 刺繍, 手織り, 手芸店 | 寒さが増す日々に、手仕事の楽しみを…。 はコメントを受け付けていません。