春のからだと手のしごと ワークショップ1日目、終了いたしました。

桜が満開の中、春を感じながらのワークショップ。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

振り返ってみると、私としては10年ぶりとなる、タティングレースのワークショップ。
そして、初めての、ヨガとの組み合わせ。
反省点もたくさんだったのですが、参加者皆様とyoga soiの愛さんの、春のような笑顔のお陰で、和やかな時間となりました。
本当にありがとうございました。

愛さんのヨガ。
いつもと違うアトリエの香りと音、ヨガの時間の流れ方に、
目を閉じると、窓も壁もなく、春の植物に囲まれているような、自然の中の情景が浮かんでくるようでした。

タティングレースの結び目を作る感覚、それぞれに掴まれたところで、時間となってしまいました。
手の感覚がなくならないうちに、ご自宅でも編み続けていただけたら嬉しいです。

お伝えの仕方、もう少しスムーズに運べるよう、これからに繋げていけるよう、私自身、勉強を重ねていきます。

次回は、土曜日。
今日の気持ちを繋げながら、心地良い時間を作っていけたらと思っています。
ご参加くださる皆様、心よりお待ちしています。

hoshi fuyu kusaさんのハーブティーも、春のお便りのように、届けてくださいました。
関わってくださる方が増え、一人では見えなかったものが見えてくること。
ありがたく感じるこの頃です。

カテゴリー: タッティングレース, ワークショップ, 未分類 | 春のからだと手のしごと ワークショップ1日目、終了いたしました。 はコメントを受け付けていません。

植物の瞬く方向。

空を見上げると、ミモザの星が、瞬くようです。

来週のワークショップに合わせ、hoshi fuyu kusaさんより、ハーブティーが届きます。

・・・  からだをその人のもっとも自然なあり様にととのえることを想いながら調合したハーブティー  ・・・

体の中をすっと風が吹き抜け、植物の瞬く方向に導いてくれるようなお茶です。

ヨガと手仕事の後に。
締めくくりのお茶の時間も、どうぞお楽しみにお越しください。

カテゴリー: タッティングレース, ワークショップ, 手芸店 | 植物の瞬く方向。 はコメントを受け付けていません。

4月のfågelbo と 4月のリボン織り教室

開き始めた桜と、白い雪。
氷を被る花は、桜色の奥に秘める 赤い色味が際立つようで、いつもより大人びた印象でした。
春は、行ったり来たり。
雪の降る中、4月の予定のお知らせです。
________________________________________________

2018年 4月のfågelbo

4月6日 (金)13:00〜17:00
4月7日 (土)13:00〜17:00
4月20日(金)13:00〜17:00
4月21日(土)13:00〜17:00

nysta o gnolaのアトリエショップ openします。

写真は、新しくお届けいただいた、hoshi fuyu kusaさんの手仕事。

今回包まれるポプリの袋は、春を迎える白い気持ちに沿うような、ハリのある麻で、仕立ててくださっています。
オイルの包も、新しい装いで、お届けいただきました。
私自身、普段の暮らしの中で、とても助けられている大切なもの。
どうぞ、お手にとっていただけたら嬉しいです。

栞草さんからも、在庫がなくなっていたもの、少なくなっていたもの、少しずつ、入荷予定です。
皆様のお越しを、心よりお待ちしています。

________________________________________________

2018年 4月のリボン織り教室

4月13日 (金)満席
4月14日 (土)満席
4月27日 (金)残席あり
4月28日 (土)残席あり

体験、振替のご希望は、残席のある日程で承ります。どうぞよろしくお願いいたします。

________________________________________________

カテゴリー: 手芸店, 教室 | 4月のfågelbo と 4月のリボン織り教室 はコメントを受け付けていません。

春のからだと手のしごと、準備は着々と。

月末のワークショップに向けて。


香、色、質感の配合は、
からだの声、季節の声を聞き取る、心強い手助けに。

シャトル作り、
糸選び、目のピッチ、
織地の薄さ、硬さ、質感、サイズ、

試作を重ねて。

春を感じる、笑顔あふれる時間となりますよう…
楽しみにしていただけたら嬉しいです。

 

こちらはおまけの手仕事。

ワークショップでは床に座っての手仕事。そのための、座布団を。

以前織ったカーテン地の端切れと、以前求めたフランスアンティークの布。
サイズの限られた手織布と、穴あき染み付きを除いた古い手仕事布。
私の手から生まれた手仕事と、遠い国の昔の人の手仕事と、
お互いの布は、お互いに、こんなところで出会うとは思わなかったことでしょう。

春のからだと手のしごと
少しずつ、準備は進みます。

カテゴリー: タッティングレース, ワークショップ, 日々 | 春のからだと手のしごと、準備は着々と。 はコメントを受け付けていません。

歌うように、手を動かす。

一歩外に出ると、眩しい光と色に、春が到来したことを教えられます。

先日木綿を染めた染液の2番液。もう一度、木苺のような、美しい色を分けてくれました。

糸を干す間、ベランダで膨らむアケビの蕾と、仲良く寄り添って。
春の光の中で、出会う色に、今日も元気をもらいます。

糸を洗う間、小さな魔女は、染液の残りに、重曹を入れたり、米酢を入れたり、
様々に色を変える、魔法のような遊びに没頭していました。

大きな声で、春の歌を口ずさみながら。

nysta o gnola -歌うように手を動かす-
7年前の今日みたいな日に、小さく始めた活動。
春のこの溢れる気持ちを忘れずに…。

皆様も、良い春の日をお過ごしください。

カテゴリー: 日々, 糸染め | 歌うように、手を動かす。 はコメントを受け付けていません。

二つの鞄。

蘇芳染の鞄は、早速、家の中での学校ごっこに使われています。
学校に着くと、鞄は椅子に掛けて、今日は、お絵描きの授業だそうです。

下の写真は、試作中の、リボン織り機用の鞄。
縦糸模様織りを持ち手にしたり、縫取り織りのネームを付けたり、手織りの縁飾りをつけたり、織ったリボンで口を結んだり、
作る人によって、様々に楽しめるデザインを目指して。

リボン織り教室で、持ち手を織っている生徒さんの鞄の参考にと作ってみたのですが、なかなか失敗続きで、
まだまだ細かなところまではお見せできない仕上がりです…。
教室には、風呂敷で包んだり、ボストンバッグに入れたり、皆さん様々な工夫で、織り機を持ってこられています。
作ってみたい方がいらっしゃいましたら、今後もう少し試作を重ねてレシピにしてみますので、どうぞお声掛けください。

カテゴリー: リボン織り, 教室, 日々, 糸染め | 二つの鞄。 はコメントを受け付けていません。

木綿染。

春から通う場所へ持っていく鞄は、ピンク色で、との娘の希望で、
以前糸染めをした時に残っていた蘇芳のチップで、染めてみました。

木綿の染めは、念入りに精錬をして、豆汁の下地を施します。

媒染前は、ピンクの希望が、オレンジ色になってしまって、、、あれれ。

アルミで媒染をして、さらに染め重ねていくと、今度はワインがかった色味に。

染料を充分に吸ってくれたら、よくよく水洗い。

日に晒すと、わぁ。と、いつものように、思わず声が上がってしまう瞬間です。

うっとりしている私の横で、娘は、待ちくたびれているご様子。
木綿の染めは、ウールと違って、お鍋につきっきり。
よく待ってくれたね。
「ご希望、これでよろしいでしょうか。」
「きれいだから、それでいいよー!ねぇねぇ早くお散歩にいきましょ。お花、見るんでしょ?」

毎年楽しみにしている、ご近所の木蓮の木。
今日の暖かさで、青空に向かって美しく開いていました。

今日は、3月11日。
今年も、こうして穏やかな春が迎えられることに、感謝です。

カテゴリー: 日々, 糸染め | 木綿染。 はコメントを受け付けていません。

雨の1日。

春に、バトンタッチをしたくないのでしょう。冬が、冷たい雨を降らせています。
静かな雨音を聞きながら、家の中で過ごす1日。

形にしなければならない仕事は、たくさんあるのだけれど、なかなか思うように時間をやりくりできないこのところ。
あたたかな晴れの日も好きだけれど、静かな雨の音に、焦る気持ちが落ち着いてゆく、ありがたい1日です。
隣では、雨音を聞きながら、気持ち良さそうにお昼寝をする娘。

明日は、リボン織り教室。
寒さがもう少し和らいでくれるといいのですが…
アトリエの入り口では、ミモザとクリスマスローズが開き、賑やかにお待ちしています。

カテゴリー: 日々 | 雨の1日。 はコメントを受け付けていません。

春のからだと手のしごと  2018年3月27日(火)/31日(土) 13:30ー16:00

月末のワークショップに向けて、タティングレースは初めての方にも取り組みやすいよう、新しくテキストを作成しています。

先日嗅がせていただいた愛さんの選ばれた香りは、トンカビーンズというものをメインに、思わず蝶が集まってきそうな、春の香り。
とっても楽しみです。

春のからだと手のしごと 2018年3月27日(火)/31日(土) 13:30ー16:00

27日は満席ですが、31日には残席ございます。
ヨガは初めての方、タティングレースは初めての方、どうぞお気軽にご参加ください。

カテゴリー: タッティングレース, ワークショップ | 春のからだと手のしごと  2018年3月27日(火)/31日(土) 13:30ー16:00 はコメントを受け付けていません。

小さな織姫。

しばらく、子供の織り機の準備をしてあげる時間が取れず、
ようやく、娘の念願叶って織り仕事。

リードの目通し、シャトルの糸巻き、織り作業、

開口の順序、緯糸を入れる角度、打ち込み具合、

「いつも、おかあかのおしごと、みてるでしょ。だから、できるのよ。」
と、一人でどんどん織り進めていく姿。

手を動かして暮らしを作っていく喜びを伝えたい 私たちの仕事は、
そのまま、娘に伝えたいことでもあります。
だから、娘と一緒に仕事をすることを選んできました。

周囲に心配され、悩みながらも、いつも一緒にいてよかった。
と思わせてくれた、娘の頼もしい織り姿。
小さな織姫、ありがとう。

カテゴリー: リボン織り, 日々 | 小さな織姫。 はコメントを受け付けていません。