羊飼いの服。

乾いた空気が続いていた中、潤いの雨です。

雨の中、ゴミ捨てに出るためにせっせとお着替えしたのは、先日から引いていたパターンの洋服。
娘曰く、羊さんを飼っている人の服、だそうです。

子供の集まる場所に行くときに、「動きやすい服で。」ということがあるのですが、その度に、どうしよう…と、悩んでいました。
なかなかイメージが描けなかったのですが、ようやく、形になりました。

使用したのは、起毛のコットンです。
こちらの布は、fågelboでも販売しています。

以前パターンをご紹介したドレスも、起毛のコットンで仕立てました。
素朴な織地で、使い込んだときの表情が柔らかな布です。

きっと、破れてつぎはぎしても、美しく見えることと思います。
たくさん着て、思いっきり遊んでね。

カテゴリー: 手芸店, 日々 パーマリンク