春のからだと手のしごと  2018年3月27日(火)/31日(土) 13:30ー16:00

nysta o gnola 糸花生活研究所のアトリエに、yoga soiの柳原愛さんを迎え、春の会を催します。

________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

フランス語で「自分自身」という意味を持つ soi + スウェーデン語で「ハミングする」という意味を持つ gnola

春を迎える体の声を聴き、唄うように手を動かす、ヨガと手仕事が出会う時間です。

yoga soiからは、座ってできるヨガのレッスンと 春の香りを、届けていただきます。
nysta o gnolaの手仕事は、タティングレースと手縫いの基礎を、お伝えします。
花々を詰めたリネンの袋を 編み立てのタティングレースで結び、お持ち帰りいただきます。

________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

開催日時:
2018年3月27日(火)満席
2018年3月31日(土) 13:30-16:00 残席あり
定員:各日5名
お子様連れでご参加いただけます。お申し込み時にお伝えください。
持ち物:ハンドタオル、マット(なければバスタオル)、
ブランケット(またはショールなど体を覆えるもの)
動きやすい服装(スカート、タイツ以外)でお越しください。
料金:各日5,000円(材料費含む)
会場:nysta o gnola 糸花生活研究所 アトリエ
最寄駅;東急線大岡山駅/北千束駅/洗足池駅
(アトリエ兼住居のため、お申し込み時に、詳しい場所をお伝えいたします。)

ご予約方法:contactページまたはメール、電話 03-6873-1501 糸花生活研究所まで、
お名前とご希望日、お電話番号をお伝えください。

ヨガは初めての方、タティングレースは初めての方、どうぞお気軽にご参加ください。

私自身、体を動かすこととは無縁の生活…もちろん、ヨガも、遠い世界のものだと思っていました。
そんな私が、yoga soiの愛さんのレッスンを初めて受けたのは、昨年秋のこと。
娘と一緒に過ごす中で、仕事でのイベントが続き…、体が悲鳴をあげていた頃でした。

レッスンを受けるとなった時、まず、服装をどう選んで良いのかもわからなかったのですが。。。
ギャザーたっぷりのまるでスカートのようなリネンのパンツで、とっても緊張しながら、
愛さんのご自宅兼スタジオでレッスンを受けたのがはじめでした。

ところどころに植物が飾られ、大きな窓から大きな空が見え、心地良い香りの漂う空間。
目を閉じて体の声を聴くうちに、心配していた気持ちはどこかに消えてしまい、
帰り道には、体も心もふわりと軽くなったような心地でした。

それ以来時々、体や頭がガチガチになると、娘と一緒に「ヨガしようか。」と、整える時間を持つようになりました。

普段体を動かすことと無縁な方や、手仕事をする人にも、この心地良さを味わっていただけたら嬉しいです。

カテゴリー: ワークショップ, 日々, 未分類 パーマリンク