春に向けて。

無農薬で育てられた林檎。皮ごと銅鍋で煮ると、春を感じる桃色に。
草木染めの媒染と同じく、色を引き出す魔法のようです。

今日はご来客。
お客様は、yoga soiの愛さん。
愛さんの持つ柔らかな雰囲気に、娘もリラックスして、笑顔の絶えないあたたかな午後の時間でした。
春に、こちらでワークショップをしてくださる予定です。
花が開く季節に向けて、またお知らせいたします。

夕方、洗濯物と一緒に、ふんわりと乾いた鬱金染の糸を取り込みました。
日光に弱いとされている鬱金の色。
今朝の目の覚めるような黄色は、日向で一日干すと、赤みを増して、こちらも美しい色に…。
晴れた空の下、おひさまの色をいただいたような、暖かい色。
染めたばかりの時とはまた違う、糸に留まる色です。

まだまだ寒い日が続いていますが、nysta o gnolaでも、少しずつ少しずつ、春に向けての準備が始まっています。

カテゴリー: ワークショップ, 教室, 日々, 糸染め パーマリンク